· 

大雨は突然に

みなさんおはようございます。

 

マゴノテスタッフです。

 

昨日私、とんでもない目に遭いました。。。。

 

帰宅後に散歩にでもいこうかと天気予報を見るとガッツリ「晴れ」

 

よしこれはいけるぞと張り切って出かけて数分後にことは起こりました。

 

突然のゲリラ豪雨。

 

「天気予報晴れやったやん!!!!」

 

と思ってスマホを確認したら後付けのように雨マークついてました。

 

(予報遅いねん......)

 

と絶望してる間にも雨足はどんどん強くなっていき、さすがにやばいと思って走って帰ることにしました。

 

ちなみに私は最近運動をしていないためにまともに体がついていかず、

 

絶妙にダサいフォームで駅前を全力疾走してしまい、

 

ちゃんと傘を持っていた小学生に笑われるという偉業を無事達成しました。

 

あの小学生はどこの天気予報見たねん。

どこにも雨なんて書いてなかったぞ。

 

とか思いながら駅を駆け抜けて家に向かう大通りに差し掛かった頃、

 

同じ走り方をしているリーマンとうっかり並走してしまい、

 

お互いに気まずい空気が流れながらも2分くらい徒競走をして、ようやく家まで帰ってきました。

 

家に着くと、小学生〜リーマンまで一連の出来事を思い出してしばし笑い、

 

鏡の前に立って自分を見るとありえんくらいポケットに水が溜まりすぎててさらに笑いました。

 

この豪雨、数分後には何事もなく止んだのですが(そこがまた腹立たしいとこ)、

 

私の地域だけの局地的なものだったんでしょうか。。。

 

職場が影響してなければいいけど....(職場と私の家は少し離れています)

 

ダンボールはやはり紙なので、湿気などの影響を受けやすく梅雨時期は特に注意が必要です。

 

やはりこういう仕事をしていると、あらゆる出来事をダンボールスチレンボードなどの資材や仕事内容に結びつけて考えがちですね☆(職業病)

 

イ●ンに行けばスチレンボード製什器を探し、イン●タで #ダンボール #店舗什器 #猫ハウスなども製造しているため)などと探してはいいねを押し(は見たいだけ)、新しい商品のアイディアを模索する日々です。

ちなみにマゴノテで扱っている強化ダンボールは普通のダンボールと違ってめちゃめちゃ強いんですが、さすがにやっぱり紙なのでこういう雨には弱いというネガティブな一面もあるんですよね。

 

逆に言えば「室内だと最強」ということです。

 

展示会とか、室内イベントとか、そういう機会で木製で作るとお金もかかるし処分も大変ですよね?

特に単発のイベントとかなら費用マジでもったいないです。

 

しかもオリジナルで作るとなるとまた費用が嵩んで。。。。

1個しか作らんのに。。。

 

そういう時こそマゴノテの出番なのです。

 

そもそもなんでマゴノテがこんなに「小ロット」OKですよ〜とか、

 

1個からでも作れます」とか言っているのかというと....

 

マゴノテの設備が「小ロット」に特化してるからなんですね。

 

例えばカット機。

 

一般的に紙製の什器を作るところは、金属などの型(たとえばトムソン型とか)を作って大量に型抜きしていくことで一個あたりの単価を下げるところが多いのですが、大量に作ればかなり安くなる一方で小ロットでは製造できなかったり、数量が少ないために型代がうまく相殺されずに費用が嵩むこともしばしばです。

 

対してマゴノテは、型抜きという方法ではなく「自動カット機」的なもので加工するため、まず「型代」はかかりません。

この自動カット機はいわゆるサンプルカッターとかプロッターとか言われいるもので、めちゃめちゃざっくりいうと

自動で動くカッターナイフで切ってる

というイメージです。

このカット機を使うことで、1つ1つ加工できるので、小ロットや1個だけなんて声にもお答えできるわけです。

「小ロットに対応するため」という理由以外にも、

 

マゴノテがカット機を使う重大な理由はまだあります。

 

その辺は、また次回に.......

 

スチレンボードで什器を作ってみたい

サンプルだけでもみてみたい

オリジナルで作りたいので相談したい

 

などありましたら下のボタンからジャンジャンお問い合わせくださいね!!!

 

ではでは☆=